逆転裁判4 攻略ガイドwiki [逆転裁判4 攻略サイト] 攻略 wiki

- 攻略チャート/12 -


トップページ > 攻略チャート > 12




第4話 逆転を継ぐ者 2日目・法廷

※ネタバレ防止のため、解答は白文字で【】内に書いてあります。


法廷パート・前編


証拠品<<士武六の解剖記録>>のデータを法廷記録にファイル


  • 〜目撃したこと〜
    ・あとはみなさん、ご存じのとおり。……“巨星、落つ!”ってゆう。 ⇒【ゆさぶる
    ・実になるコトを聞いてみる ⇒【葉見垣のコーヒーのこと】 ⇒今の証言【重要である
    ・私もコーヒーは飲みましたが……まだ死ぬワケにはいきませんよ! ⇒【ゆさぶる
    ・証言を変えてもらおうか? ⇒【死んだときのようす】 ⇒今の証言【重要である
    ・あのケイレン……まちがいなく猛毒による中毒死でした。 ⇒【ゆさぶる
    ・証言を変えてもらおうか? ⇒【巨星のコーヒーのこと】 ⇒今の証言【重要である
    ・ヒトクチ、飲んだか飲まないか…その瞬間、彼は倒れたのです! ⇒つきつける【コーヒーカップ

  • 〜気になったこと〜
    ・手紙を書いていたようですが……あわてて封筒に封をしました。 ⇒【ゆさぶる】 ⇒【証言に加えてもらう
    ・黄色の封筒でしたね。……たしか、現場に残されていたと聞いていますよ。 ⇒つきつける【赤い封筒
    ・事件当夜。被害者は、書いていた手紙を赤い封筒にしまった ⇒【その可能性はない

  • 〜ニュースのニオイ〜
    ・何しろ、ドブロク氏の才能はタイヘンなものだったのですから。 ⇒【みぬきモード
    ・視点を【右腕のワキの下の汗】に移動させ、会話内容【ドブロク氏の才能】の時に決定
    ・ドブロク氏の“才能”と“封筒の中身”をつなぐ証拠 ⇒つきつける【隠されていた絵

  • 〜事件当夜の状況・まとめ〜
    ・そして、事件後。アトリエから出たものは、なにひとつ、ありません。 ⇒【ゆさぶる
    ・事件当夜、部屋から”出た”もののココロ当たり ⇒【たったひとつ、あった
    ・”持ち出された”可能性を示す証拠品 ⇒つきつける【レターボックス
    ・取材中、土武六氏がクチにしたのは、あのコーヒーだけでした。 ⇒【ゆさぶる
    ・”毒”は、コーヒーカップ以外の経路から、体内に入った…それは ⇒【立証できる
    ・<<毒の塗られた切手>>の存在を示す証拠品 ⇒つきつける【小さな額
    ・切手を使った“殺意”…その可能性を! ⇒つきつける【赤い封筒
    ・赤い封筒の中身にクスリをふきかけて毒の痕跡を探す ⇒【1枚目の右下
    ・7年前の“毒”……痕跡の物語。“ニセモノ”の手がかりは…… ⇒【絵瀬 土武六
    ・絵瀬 土武六の本当の姿 ⇒【絵瀬 まこと

法廷パート・後編


  • 〜赤い封筒について〜
    ・全ての証言をゆさぶる
    ・……切手は、大好きな魔術師の絵だったから、もらったの…… ⇒つきつける【魔術ショーチケット

第4話 逆転を継ぐ者 2日目へ


第4話 法廷記録

第4話 証拠品


名称解説詳細
弁護士バッジアコガレだったバッジだ。身につけると心がひきしまる。
魔術ショーチケット或真敷バランによる一大イリュージョン。プレミアチケット。裏面
或真敷の封筒成歩堂さんから預かった封筒。イザというときまで開封不可。裏のサイン
まことの名刺被告人にもらった名刺。どぶろくスタジオの住所が書かれている。
人物画どぶろくスタジオで入手。中央に描かれているのはどうやらヒトらしい。
アクリル画どぶろくスタジオで入手。海の中の様子が描かれている。ハリセンボン
風景画どぶろくスタジオで入手。まだ描きかけらしく、下絵が見えている。下絵部分
レターボックス土武六氏は、これで外と連絡をとっていた。中はからっぽ。
コーヒーカップ被害者が最後のコーヒーを飲んだカップ。大きくどぶろくと書かれている。青いシミ
隠されていた絵どぶろくスタジオで入手。大きなモモが描かれている。もも
小さな額縦横5センチほどの額。猛毒・アトロキニーネの毒性反応を確認。
赤い封筒被害者の机の引き出しから発見。一度封を開き、再び閉じたようだ。
⇒被害者の机の引き出しから発見。中にはびんせんが2枚。
裏面上部
ハミガキの名刺フリージャーナリスト 葉見垣正太郎、と書かれている。

第4話 人物


人物解説
成歩堂 龍一(33)ピアノを弾けないピアニスト。かつてはスゴ腕の弁護士だった。
成歩堂 みぬき(15)大魔術師を目指す女の子。成歩堂龍一のムスメ。得意芸は《ぼうしクン》。
絵瀬 まこと(19)今回の事件の被告人。父・士武六を毒殺した疑いで起訴された。
葉見垣 正太郎(36)フリーのジャーナリスト。スクープのニオイには、ことのほか敏感。
或真敷 バラン(44)今、大人気の魔術師。大時代な話し方が無性にうっとうしい。
宝月 茜(25)カガク捜査マニアの刑事。事件の初動捜査を担当。
絵瀬 士武六(52)挿絵などを手がける画家。どぶろくスタジオで毒殺された。




トップページ > 攻略チャート > 12