テイルズ オブ ハーツ & TOZ 攻略ガイドwiki [Tales of Hearts 攻略サイト] 攻略 wiki

- システム -


トップページ > システム



CNAR-LMBS

今作ではTODの「AR-LMBS」を更に進化させた「CNAR(コンビネーションエアーリアル)-LMBS」でバトルを行います。
今作の新システムは戦闘に参加していないパーティキャラクターを援護キャラとして使用できます。
従来のAR-LMBS同様、キャラクターたちがバトルフィールドで地上から飛び出し、
空中での技の発動や連続コンボ等、スピーディで爽快な戦闘は健在。
コンビネーションゲージ(CG)を消費することで非戦闘キャラの援護攻撃を敵に仕掛けることができる。
各キャラクター同士で、特定の技が組み合わさると、
より強力な攻撃が発動する「合体技」も存在します。


エモーショナルゲージシステム

過去のシリーズの多くが採用してきた「TP(テクニカルポイント)」に代わるシステム。
「テイルズ オブ デスティニー」の「CC(チェインキャパ)」をベースに、自由に、
かつ戦略的に技や術を連続して発動・行動しつつ、さらに“キャラクターの感情”をプラスしたものになっている。
このゲージを消費することで戦闘中に様々な行動を連続して行うことができ、
また、戦闘中の様々な要因でゲージが増減、リスクやリターンが生じる。
エモーショナルゲージ(EG)が多いときは通常より多く連続して行動することができる調書を持つが、
被ダメージが通常より大きくなる短所を持ち、EGが少ないときは連続して行動することが通常より減る短所を持つが、
被ダメージが通常より小さくなる長所を持つ。
また、EGは一連の連携後に毎回一定量回復(専用キャラステータス)する。


属性システム

弱点を持つ敵(属性を持つ敵)に対して、その属性が付加された術技で攻撃することで通常より多くのダメージを与えることが可能となる。
属性の種類には「斬、打、射」の3つの物理属性と「火、水、地、風、光、闇」の6つの思念属性、合計9つの属性が存在する。
また、PS2版「デスティニー」でも登場した属性連携を採用。
敵の弱点属性が付加された術技で攻撃し、次に別の属性の付加された術技で攻撃することで、
さらにダメージや命中率、クリティカル率がアップする効果を持ち、プラスされた状態は連携が終了するまで保持される。
弱点属性が複数ある場合でも最初の判定は1回のみで、以降は弱点でも属性連携判定となる。



トップページ > システム